カメラ・ディレッタント

カメラ・ディレッタント

野鳥撮影と中古カメラの偏愛記

リコー オートハーフ SE2

カメラのキタムラで中古の『リコー オートハーフ SE2』を購入しました。

f:id:cosinon:20190325135557p:plain

リコー オートハーフ SE2

 購入金額は3,980円(税込)で、セレン光電池が生きているので露出計が機能し、モルトが劣化していた他は問題の無い個体でした。

f:id:cosinon:20190325135757p:plain

リコー オートハーフ SE2(背面)

中古カメラ店では、オートハーフSE2の動作品は1万円台半ばの相場という印象なので、お買い得品だったと言えるのでは無いでしょうか。

SE2は金属外装のオートハーフでは最末期のモデルです。

f:id:cosinon:20190325135838p:plain

リコー オートハーフ SE2

セルフタイマーの他にホットシューが付いて、汎用のストロボを装着出来ます。

f:id:cosinon:20190325135645p:plain

上面のホットシュー

f:id:cosinon:20190325140207p:plain

ストロボ装着

本体の他に、純正のケースとマニュアルが付属していました。

f:id:cosinon:20190325135522j:plain

純正ケースとマニュアル

以前にも、セレンの寿命が尽きたオートハーフSと、完動品のオートハーフEを入手しており、我が家のオートハーフは3台になりました。

f:id:cosinon:20190325140133j:plain

オートハーフS+RICOH HI-STROBO

f:id:cosinon:20190325135948j:plain

オートハーフE+アクセサリーシュー

f:id:cosinon:20190325140049j:plain

オートハーフE+外光式オートストロボ

オートハーフは中古価格がこなれていてネット上の情報も豊富で、使用法や詳しい分解の仕方が載ったムック本もあるので、ハーフサイズカメラの入門機としてオススメです。

www.ei-publishing.co.jp