カメラ・ディレッタント

カメラ・ディレッタント

野鳥撮影と中古カメラの偏愛記

本気カメラ『ローライ35S』

3/15(日)に、墨田区の押上にある寫眞喫茶 アウラ舎に行ってきました。

press.chiku-wa.jp

アウラ舎では喫茶のほかに、貸し暗室やギャラリーを提供しており、フィルム現像のワークショップも精力的に実施しています。

f:id:cosinon:20200317111855j:plain

寫眞喫茶 アウラ

f:id:cosinon:20170429090824j:plain

寫眞喫茶 アウラ

店の奥には中古カメラ販売のショーケースがあり、掘り出し物がないか物色すると、以前から欲しかったローライ35Sが委託販売されていました。

 ローライ35については以下の記事が詳しいのでご参照下さい。

sunrise-camera.net

当日は和製ローライ35の異名を持つPETRI Color 35で本所吾妻橋~押上界隈を撮り歩いていました。

cosinon.hateblo.jp

届いて間もないPETRI FTEも持参していたので、ローライ35Sと並べて記念撮影させてもらいました。

cosinon.hateblo.jp

3台を並べるとローライ35Sの小ささが際立ちます。

f:id:cosinon:20200315155223j:plain

ローライ35SとPETRI Color 35、PETRI FTE

ローライ35Sをいじり倒しているうちに、相場より安い税込3万円という価格に物欲が沸き上がってきました。

これまでは数百円~数千円の捨て値で中古カメラを買い求め、試し撮りでフィルム一本通したらお終い…という使い方をしてきました。

最近はフィルムカメラへの関心が改めて強まり「本気で撮るフィルムカメラが欲しい」と思案するようになっていました。

様々な条件が重なって、思い切ってローライ35Sを購入してしまいました(;^ω^)ゞ

f:id:cosinon:20200317113212j:plain

ローライ35S

ローライ35Sを手に入れるまで

アニメ「たまゆら」の主人公が使っているのを見て以来、ローライ35Sに関心が芽生えて、ずっと気になっていました。

f:id:cosinon:20200317112610j:plain

© 佐藤順一・TYA / たまゆら製作委員会

しかし、中古カメラ店の良品だと5万円前後という価格帯に手を出しあぐねていました(;´д`)

f:id:cosinon:20200317112625j:plain

© 佐藤順一・TYA / たまゆら製作委員会

ローライ35Sの代替に国産のコンパクトカメラを何台か集めてきましたが、ようやく本命に辿り着きました (・ω・)b

cosinon.hateblo.jp

cosinon.hateblo.jp

f:id:cosinon:20200317112643j:plain

オリンパス35RC とYASHICA ELECTRO 35 MC、PETRI Color 35

アウラ舎で細部の状態を確認し、納得いくまでいじり倒す事が出来たのは、購入を決断する大きな後押しとなりました。

当日はNationalの外光式小型フラッシュを持参していたので、ローライ35Sのシンクロが生きている事を確認できました。

ローライ35SにはH-D互換の電池が入っていて、露出計の針が振れてある程度の精度が出ている事も解りました。

後でヤフオクを見たら3万円台の出品がいくつかありましたが、現物を確認できた、という点が決め手になりました。

帰宅前に新宿~秋葉原界隈の中古カメラ店で確認したら、ローライ35が4万5千円~5万8千円で販売されていました。

前日に委託を受けた、という点に運命のようなものを感じて、今回ようやくローライ35Sをお迎えする事になりました∩(・ω・)∩

帰宅後、ローライ35Sのアクセサリーを芋づる式に注文してしまったので、後日レポートさせて頂きます<(_ _)>