カメラ・ディレッタント

カメラ・ディレッタント

野鳥撮影とカメラ偏愛記

α7Ⅱ撮影行『ヤシノンとタクマー』

10/18(日)に、東京都写真美術館の図書室で資料を閲覧しました。

開館までの待ち時間に、隣接した恵比寿ガーデンプレイスでオールドレンズを試し撮りしました。

gardenplace.jp

当日は、M42⇒Eマウントアダプターを介して、α7ⅡにAUTO YASHINON-DX 50mm F1.7SMC TAKUMAR 28mm F3.5を装着しました。

AUTO YASHINON-DX 50mm F1.7

普段24~28mmを常用していると、AUTO YASHINON-DX 50mm F1.7の画角は狭く感じてしまいますが、しばらく撮影しているうちに「50mmの視界」に慣れてきました。

f:id:cosinon:20201019125007j:plain

α7Ⅱ+AUTO YASHINON-DX 50mm F1.7

f:id:cosinon:20201019125011j:plain

f:id:cosinon:20201019125016j:plain

f:id:cosinon:20201019125020j:plain

f:id:cosinon:20201019125024j:plain

α7Ⅱ+AUTO YASHINON-DX 50mm F1.7

SMC TAKUMAR 28mm F3.5

恵比寿ガーデンプレイスの次に訪れたのは、庭繋がりの東京都庭園美術館でした。

www.teien-art-museum.ne.jp

SMC TAKUMAR 28mm F3.5はフィルム一眼レフで多用していましたが、フルサイズのミラーレスでは肉眼の視野に近い画角で撮影する事が出来ました。

f:id:cosinon:20201019125028j:plain

α7Ⅱ+SMC TAKUMAR 28mm F3.5

f:id:cosinon:20201019125034j:plain

f:id:cosinon:20201019125038j:plain

f:id:cosinon:20201019125043j:plain

α7Ⅱ+SMC TAKUMAR 28mm F3.5

フレア・ゴーストコレクション

先日購入した『オールドレンズ・ライフ 2020-2021』に「フレア・ゴーストコレクション」という特集記事が掲載されていました。

www.genkosha.co.jp

f:id:cosinon:20201019125101j:plain

オールドレンズ・ライフ 2020-2021

オールドレンズで意図的にフレア・ゴーストを発生させた効果が紹介されており、P66にAUTO YASHINON-DX 50mm F1.7が取り上げられていたので、自分も試してみました。

f:id:cosinon:20201019125119j:plain

絞りの形にゴーストが発生しています

f:id:cosinon:20201019125123j:plain

飛来した隕石のようなゴーストが発生しました

f:id:cosinon:20201019125127j:plain

レンズの枚数分ゴーストが重なっているのでしょうか?

f:id:cosinon:20201019125132j:plain

レンズの角度調整で二重の虹が生まれました

フレア・ゴーストをコーティングで抑えた近年のレンズでは味わえない、オールドレンズならではの描写を楽しむ事ができました。