カメラ・ディレッタント

カメラ・ディレッタント

野鳥撮影と中古カメラの偏愛記

特別展で再訪『埼玉県立自然の博物館』

11/28(土)に、埼玉県秩父郡長瀞町に所在する『埼玉県立自然の博物館』に行ってきました。

shizen.spec.ed.jp

f:id:cosinon:20201130174528j:plain

埼玉県立自然の博物館

昔、SLパレオエクスプレスに乗車した帰路に、会社の後輩と一緒に見学したことがあり、今回は二度目の訪問となりました。

www.chichibu-railway.co.jp

当日は、TOKINA AF 19-35mmを装着したα7Ⅱと、HEXANON AR 28mmを装着したKONICA AUTOREXを携えて長瀞に赴きました。

f:id:cosinon:20201130174505j:plain

SONY α7Ⅱ+KONICA AUTOREX

以下の写真は、α7Ⅱ+TOKINA AF 19-35mmで撮影しています。

特別展「埼玉記念物100年」

再訪の主目的は、月刊コミックバンチに連載中の「埼玉の女子高生ってどう思いますか?」とコラボした特別展でした。

shizen.spec.ed.jp

www.comicbunch.com

f:id:cosinon:20201130202203p:plain

特別展「埼玉記念物100年」

メガロドンがお出迎え

秩父鉄道上長瀞駅から程近い『埼玉県立自然の博物館』に、開館時間の少し前に到着しました。

f:id:cosinon:20201130174522j:plain

埼玉県立自然の博物館

月刊コミックバンチ 2021年1月号にも『埼玉県立自然の博物館』の入口が登場しています。

f:id:cosinon:20201130220400j:plain

渡邉ポポ「埼玉の女子高生ってどう思いますか?」

エントランスに入ると、天井に吊られた『メガロドン』がお出迎え。

f:id:cosinon:20201130174534j:plain

f:id:cosinon:20201130174539j:plain

f:id:cosinon:20201130174544j:plain

メガロドンの復元模型

全長12mの、世界最大級の復元模型だそうです。

ジェイソン・ステイサム主演の巨大ザメ映画『MEG ザ・モンスター』なんて作品もありましたね。

warnerbros.co.jp

化石の骨格標本

地学展示ホールには、ガリミムス ブラツスとアケボノゾウの骨格復元模型が展示されていました。

f:id:cosinon:20201130174550j:plain

ガリミムス ブラツスの骨格復元模型

f:id:cosinon:20201130174555j:plain

f:id:cosinon:20201130174600j:plain

アケボノゾウの骨格復元模型

f:id:cosinon:20201130174606j:plain

アケボノゾウとコウガゾウの復元模型

パレオパラドキシア

カバに似た古代の海生哺乳類が『パレオパラドキシア』です。

f:id:cosinon:20201130201252j:plain

パレオパラドキシアの復元模型

f:id:cosinon:20201130174611j:plain

f:id:cosinon:20201130174616j:plain

f:id:cosinon:20201130174621j:plain

パレオパラドキシアの骨格復元模型

自分が『パレオパラドキシア』という名前を知ったのは「軽井沢シンドローム」で知られるたがみよしひさ先生の、もう一つの代表作がきっかけでした。

「我が名は狼」に出てくる喫茶店の名前が『パレオパラドキシア』で、独特な語感がずっと印象に残っていました。

f:id:cosinon:20201130220944j:plain

たがみよしひさ「我が名は狼」

壁面に飾られたパレオパラドキシアの産状模型を見て『アークテリクス』のマークを連想しました。(あちらは始祖鳥の骨格ですが…)

f:id:cosinon:20201130174628j:plain

パレオパラドキシアの産状模型

f:id:cosinon:20201130174509j:plain

『アークテリクス』のマーク


埼玉の森を再現した大ジオラマ

生物展示ホールでは、埼玉を代表する森林と、そこにすむ動物の姿を、高さ8メートルの大ジオラマで紹介していました。

f:id:cosinon:20201130174633j:plain

f:id:cosinon:20201130174639j:plain

f:id:cosinon:20201130174644j:plain

埼玉の森を再現した大ジオラマ

剥製の展示

常設展と特別展の各所で、埼玉に棲む動物の剥製が展示されていました。

f:id:cosinon:20201130174649j:plain

f:id:cosinon:20201130174655j:plain

剥製の展示

秋山さんのとりライフ」を読んで以来、鳥への関心が高まっています。

www.akitashoten.co.jp

f:id:cosinon:20201130201840j:plain

津田七節「秋山さんのとりライフ」

翼を拡げたイヌワシの剥製は迫力があって圧倒されました。

f:id:cosinon:20201130174700j:plain

イヌワシの剥製

長瀞の岩畳

せっかく長瀞まで来たので『埼玉県立自然の博物館』から少し歩いて、長瀞の岩畳まで足を伸ばしました。

f:id:cosinon:20201130174705j:plain

f:id:cosinon:20201130174710j:plain

f:id:cosinon:20201130174717j:plain

長瀞の岩畳

月刊コミックバンチ 2021年1月号にも、長瀞の岩畳が登場しています。

f:id:cosinon:20201130220437j:plain

渡邉ポポ「埼玉の女子高生ってどう思いますか?」

次回の投稿は、館内に配置された「埼玉の女子高生ってどう思いますか?」のコラボパネルを特集してお届けします。