カメラ・ディレッタント

カメラ・ディレッタント

野鳥撮影とカメラ偏愛記

普段使いに『STYLUS SP-100EE』

先週、OM-D E-M10 MarkIIの中古ボディを買ったばかりですが…

cosinon.hateblo.jp

ついカッとなって中古のOLYMPUS STYLUS SP-100EEを注文してしまいました(;´д`)

olympus-imaging.jp

f:id:cosinon:20210115112427j:plain

OLYMPUS STYLUS SP-100EE

今回は、衝動買いに至った経緯をお話しします<(_ _)>

舎人公園で出会ったオナガ

昨年の12/21(月)に、E-M10とZUIKO 70-300mmで舎人公園の野鳥を撮影したところ、オナガが写っていました。

梢に留まった鳥を逆光で捉えたのですが、写真を後で確認したところ、真っ黒な頭で初列風切の先が白く、尾羽が長い事からオナガと推測出来ました。

f:id:cosinon:20210115112456j:plain

オナガ

なかなか撮影できないオナガ

後日、自転車通勤の途中で電線に留まった鳥が目に入り、振り返りながら凝視したら、明らかに尾羽が長いので、オナガのような気がしました。

それから数日はE-M10とZUIKO 70-300mmを首にかけて通勤していました。

オナガの目撃場所に近い公園で野鳥を探した時は、ヒヨドリシジュウカラしか見つける事が出来ませんでした。

cosinon.hateblo.jp

カメラが無い時に限ってオナガと出会う

今朝は曇天で光線状態が良くなかったので、E-M10 MarkIIは首からぶら下げていませんでした。

通勤経路の団地を通り抜けた時、尾羽の長い鳥が目の前に飛来し、餌を咥えながら前方の街路樹に留まりました。

 

オナガだ…((( ;゚Д゚)))」

 

数メートル先なので、肉眼ではっきりと確認出来ました。

global.canon

f:id:cosinon:20210115120133j:plain

オナガ © Canon Inc.

すぐに飛び去ってしまったので、その場から移動したのですが、先に進むと前述の公園でオナガの群れと遭遇しました。

 

電線やら住宅のベランダやら、公園の樹木に何羽も留まっています。

 

せめてスマホで…と思ったら、電源を入れていませんでした(;´д`)

ついカッとなってSP-100EEを買う

E-M10 MarkII にZUIKO 70-300mmを装着すると、普段から首にぶら下げて自転車を漕ぐには結構な負担となります(´・ω・`)

f:id:cosinon:20210113093726j:plain

E-M10 MarkII+ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6

最近、超望遠ズームを搭載したコンデジCOOLPIX P1000とP950が気になっていたものの、大きさと価格から購入を見送っていました。

www.nikon-image.com

www.nikon-image.com

それでも、超望遠コンデジが欲しい…という欲求が燻っていたので

 

「中古なら2万円以下でなんとかなるかも ( ゚∀゚)」

 

と白羽の矢を立てたのが、2014年に発売されたOLYMPUS STYLUS SP-100EEでした。

www.olympus.co.jp

f:id:cosinon:20210115112432j:plain

OLYMPUS STYLUS SP-100EE

軽量な超望遠コンデジを首からぶら下げておけば、オナガが撮れていたのでは…という後悔が、衝動買いの要因です。

2度目の注文となるSP-100EE

実は、2019年にカメラ熱が再燃した際、内蔵ドットサイトに魅せられて中古のSP-100EEを注文した事がありました。

f:id:cosinon:20210115114553j:plain

OLYMPUS STYLUS SP-100EE

その時は、出荷前のチェックで故障が判明し、注文がキャンセルとなってしまったので、熱も醒めてしまい購入に至りませんでした。

今回の注文は、マップカメラ楽天市場店で、動作確認済みの中古を17,800円 (税込)で注文しました。

初期不良返品は2週間以内、保証期間は3ヶ月です。

f:id:cosinon:20210115112414j:plain

f:id:cosinon:20210115112419j:plain

OLYMPUS STYLUS SP-100EE

最初からSP-100EEを買っておけば良かったのでは?

光学50倍(24mm-1200mm相当)の超高倍率のズームレンズを搭載するSP-100EEを普段使いする事で、咄嗟に出会った野鳥を撮り逃さない算段が整いました。

先週、E-M10 MarkIIの中古ボディを約2万円で買ったばかりで、立て続けの散財となってしまいましたが、

 

普段使いのSP-100EE

休日の野鳥撮影はE-M10 MarkII

 

と使い分ける事で、それぞれを活用するつもりです。