カメラ・ディレッタント

カメラ・ディレッタント

野鳥撮影と中古カメラの偏愛記

2/7(日) 谷津干潟①『ハマシギがいっぱい』

2/7(日)に、千葉県習志野市谷津干潟へ、野鳥を探しに行ってきました。

f:id:cosinon:20210208173540j:plain

谷津干潟

干潟で探鳥するのは、昨年末にふなばし三番瀬海浜公園へ足を運んで以来です。

cosinon.hateblo.jp

谷津干潟ではOLYMPUS SP-100EEを相棒に撮影に臨みました。

cosinon.hateblo.jp

谷津干潟

自宅最寄りの駅から始発に乗って、谷津干潟に到着したのは朝の6時半頃でした。

f:id:cosinon:20210208173546p:plain

谷津干潟
オナガガモ

日の出から間もない谷津干潟では、オナガガモが上半身を潜水させたオナガガモのタケノコ』状態で出迎えてくれました。

f:id:cosinon:20210208173554j:plain

オナガガモのタケノコ
ハマシギ

水面に砂の露出した干潟では、無数のハマシギが嘴で砂をつつきながら採食していました。

f:id:cosinon:20210208173558j:plain

f:id:cosinon:20210208173603j:plain

ハマシギ

不動で佇むアオサギの足元でも、ハマシギはお構いなく採食していました。

f:id:cosinon:20210208173607j:plain

アオサギハマシギ

水面に反射したアオサギの背中と、ハマシギの大きさが対照的で、面白い写真になりました。

f:id:cosinon:20210208173612j:plain

アオサギハマシギ

ハマシギはじっとしている事が無く、せわしなく砂をついばんでは、トトトッと走り去ってしまうので、シャッター切るタイミングを計りながら、可愛らしい姿を写真に収めました。

f:id:cosinon:20210208173617j:plain

f:id:cosinon:20210208173621j:plain

f:id:cosinon:20210208173535j:plain

ハマシギ