カメラ・ディレッタント

カメラ・ディレッタント

野鳥撮影と中古カメラの偏愛記

2/7(日) 谷津干潟②『貝喰うオナガガモ(雌)』

2/7(日)に日の出直後の谷津干潟ハマシギを撮影した後、東側の外周路を回って谷津干潟自然観察センターに向かいました。

cosinon.hateblo.jp

f:id:cosinon:20210209091306p:plain

谷津干潟 周辺図

f:id:cosinon:20210209090509j:plain

谷津干潟自然観察センター

谷津干潟の外周を水鳥を探しながら歩くと、オナガガモのつがいが目に入りました。

f:id:cosinon:20210208180206j:plain

オナガガモのペア

オナガガモの雌が水面下から首を持ち上げると、何やら咥えているのが確認出来ました。

f:id:cosinon:20210208180201j:plain

オナガガモ(雌)

遠目には、オナガガモに歯が生えたように見えましたが、後で写真を確認したら、白い二枚貝を飲み込もうとしていた事が解りました。

f:id:cosinon:20210208180155j:plain

f:id:cosinon:20210208180151j:plain

オナガガモ(雌)

鳥類は丸呑みした食物を、砂嚢に貯めた石ですり潰すので、俗に「鳥は内蔵で咀嚼する」と言われているそうです。

www.torinobyouki.com

貝の丸呑みでその生態を実感する事が出来ました。