カメラ・ディレッタント

カメラ・ディレッタント

野鳥撮影とカメラ偏愛記

ばくおん!! 舞台探訪『亀岩の洞窟』

ばくおん!!」の89話「かっぷる!!」に登場した千葉のツーリングスポットを、1/26(土)に舞台探訪した模様を振り返ってお届けします。

f:id:cosinon:20190522114203j:plain

亀岩の洞窟

 早朝に首都高を経由してアクアライン東京湾を横断し、木更津で高速を降りて、ハート型の光が差し込む「亀岩の洞窟」に向かいました。

f:id:cosinon:20190522114233j:plain

© おりもとみまなヤングチャンピオン烈

f:id:cosinon:20190522114247j:plain

亀岩の洞窟

現地の天候は曇天で、洞窟にハート型の光が差し込む事はありませんでしたが、漫画の舞台となった公園を実際に歩く事ができました。

f:id:cosinon:20190522114307j:plain

© おりもとみまなヤングチャンピオン烈

f:id:cosinon:20190522114340j:plain

亀岩の洞窟

「亀岩の洞窟」を後にして、石切場跡の山全体が境内となっている鋸山日本寺に赴きました。

f:id:cosinon:20190522114416j:plain

日本寺

急勾配で長い階段だらけの境内を、トレッキングする気分で上り下りしながら写真を撮り歩きました。

f:id:cosinon:20190522114435j:plain

日本寺の境内

石切場跡の斜面を穿って彫刻された百尺観音は高さが30.3mで、交通安全の御利益があるとの事でした。

f:id:cosinon:20190522114457j:plain

© おりもとみまなヤングチャンピオン烈

f:id:cosinon:20190522114515j:plain

百尺観音

鋸山の頂上付近にある地獄のぞきでは、石切場跡の絶壁に突き出した岩盤の上から約100m下の眺望を望むことができました。

www.travel.co.jp

f:id:cosinon:20190522114534j:plain

© おりもとみまなヤングチャンピオン烈

鋸山ロープウェイは定期点検で運休でしたが、頂上駅の周辺に群れていた野良猫と戯れる事が出来ました。

f:id:cosinon:20190522114606j:plain

© おりもとみまなヤングチャンピオン烈

f:id:cosinon:20190522114624j:plain

鋸山ロープウェイ頂上駅の猫の群れ

f:id:cosinon:20190522114642j:plain

至近距離まで近寄ってくる猫

日本寺大仏は岩山を彫刻して建立した日本最大の磨崖仏で、奈良の大仏より1.8倍ほど大きいそうです。

f:id:cosinon:20190522114702j:plain

日本寺大仏

境内を一通り回った後、夕刻に鋸山を後にして保田漁港に向かいました。作中に看板が登場した「食事処 ばんや」の付帯施設で温泉に浸かり、海鮮の夕食で腹拵えして帰路につく事にしました。

f:id:cosinon:20190522114724j:plain

© おりもとみまなヤングチャンピオン烈

f:id:cosinon:20190522114739j:plain

「食事処 ばんや」の看板

f:id:cosinon:20190522114814j:plain

「ばんや」のまぐろ漬け丼

ところが、食事を終えて駐車場に戻ると、駐車したバイクが強風に煽られて、サイドスタンドの反対側に横倒しになっていました。・゚・(ノД`)・゚・。

240kgを超える車重のあるバイクが風に倒されるなんて思いもよらず、思わぬアクシデントで車体に傷が付いて気分が落ち込みましたが、エンジンガードとパニアケース、ハンドルのバーエンドに傷が付いただけで、バイク本体には大きなダメージはありませんでした。

バイクは単独で転倒したので、他の車に倒れかかって傷を付けなかったのは不幸中の幸いでした。 

f:id:cosinon:20190522114834j:plain

保田漁港

気を取り直して家に帰ろうとした所、悪天候で強い北風が吹いており、海上で吹きさらしのアクアラインをバイクで渡るのは危険と判断して、帰路は海沿いの一般道をゆっくりと北上して帰宅しました。