CAMERAディレッタント

ばくおん!!舞台探訪『犬吠埼灯台』

6/9(日)の千葉ツーリングで、最後に訪れたのは犬吠埼灯台でした。

cosinon.hateblo.jp

予定では養老渓谷まで足を伸ばすつもりでしたが、夕方以降は悪天候が予想されたので訪問を断念しました(´・ω・`)ショボーン 

f:id:cosinon:20190611113135j:plain

犬吠埼灯台

犬吠埼はアニメ「ばくおん!!」で初日の出ツーリングのエピソードに登場しており、バイクツーリングで舞台探訪したいと以前から考えていました。

f:id:cosinon:20190611113201j:plain

© おりもとみまなヤングチャンピオン烈)/ばくおん!!製作委員会

f:id:cosinon:20190611113218j:plain

犬吠埼灯台の駐車場

f:id:cosinon:20190611113234j:plain

© おりもとみまなヤングチャンピオン烈)/ばくおん!!製作委員会

f:id:cosinon:20190611113247j:plain

犬吠埼の鉄塔

千葉を前回ツーリングした時に、南房総の保田漁港でバイクを駐車したら、海からの突風でサイドスタンドの反対側にバイクが倒されてしまいました。・゚・(ノД`)・゚・。

cosinon.hateblo.jp

その時に付いたパニアケースの傷を直したばかりだったので、強風の吹き荒れる岬の突端にバイクを駐車して、また倒されるんじゃないかと気が気では無かったのですが(もはやトラウマ)今回は無事にオーナーの帰りを待っていてくれました。

f:id:cosinon:20190611113322j:plain

オーナーの帰りを待つNC750X(LOVE)

犬吠埼灯台に辿り着いたのは閉館する16時の10分前でしたが、係員の方に配慮して頂いたので、16時を過ぎてからも施設内を一通り見学する事が出来ました<(_ _)>

f:id:cosinon:20190611113343j:plain

犬吠埼灯台

f:id:cosinon:20190611113414j:plain

犬吠埼灯台案内図

灯台は内部の螺旋階段を昇って、塔の周囲に柵を張り巡らせた踊り場に立ち入る事が出来ました。

f:id:cosinon:20190611113438j:plain

犬吠埼灯台

f:id:cosinon:20190611113454j:plain

灯台内部の螺旋階段

f:id:cosinon:20190611113504j:plain

灯台内部の螺旋階段

踊り場は海から吹く強風が渦巻いており、身の危険を感じながらも360度のパノラマを楽しむ事が出来ました。

f:id:cosinon:20190611113524j:plain

踊り場から灯籠を仰ぎ見る

f:id:cosinon:20190611113539j:plain

踊り場からのパノラマ

f:id:cosinon:20190611113550j:plain

踊り場からのパノラマ

灯台の基部は展示室になっており、様々な資料が展示されていました。

f:id:cosinon:20190611113636j:plain

灯台基部の展示室

f:id:cosinon:20190611113657j:plain

灯台基部の展示室

f:id:cosinon:20190611113717j:plain

灯台基部の展示室

別棟の資料展示館には回転する巨大なフレネルレンズが展示されていました。

f:id:cosinon:20190611113735j:plain

犬吠埼灯台資料展示館

f:id:cosinon:20190611113751j:plain

「おい、鬼太郎!!」

f:id:cosinon:20190611113805j:plain

「このロリコンどもめ!!」

f:id:cosinon:20190611113817j:plain

2階の資料展示

灯台を見学した後、少しひなびた食堂兼売店でいかにも銚子らしくて犬吠埼に来た事が解るお土産を購入しました。

f:id:cosinon:20190611114016j:plain

昔ながらの食堂兼売店

f:id:cosinon:20190612071209j:plain

犬吠埼に行ってきました&銚子電鉄ぬれ煎餅

隣には最近出来た風情の小洒落た建物があり、観光地価格のシャレオツな商品が並んでいましたが、トイレだけ利用させてもらってスルーしました ε=(っ・ω・)っ

f:id:cosinon:20190611114035j:plain

INUBOW TERASU TERRACE

渦巻く突風に保田漁港の悪夢が脳裏を掠めたので、16時30分過ぎには早々に帰路について自宅へ向かいました。