バード・ディレッタント

フォト・ディレッタント

中古カメラと写真のブログ

6/7(火) Nikon COOLPIX950 ワイコン試写

6/7(火) の早朝は、出勤前に近所の舎人公園に立ち寄りました。

関東の梅雨入り宣言翌日で、あいにくの曇天でしたが、画角のチェックのみ行いました。

Nikon COOLPIX950にワイドコンバータ WC-E24をネジ込みで装着して、35mm判換算で24mm相当の画角で撮影しました。

cosinon.hateblo.jp

ワイドコンバータ WC-E24

ワイドコンバータ WC-E24 所感

WC-E24は金属の鏡胴にずっしりとしたガラスのレンズが嵌まっており、COOLPIX950に装着すると大袈裟な外観になります。

ワイドコンバータ WC-E24

広角28mmスタートのコンデジRICOH Caplio シリーズが嚆矢だったと記憶していますが、COOLPIX950のズームレンズは35mm判換算で38mmスタートなので、ワイコンを付けないと画角が狭く感じます。

WC-E24を装着すると、レンズの真横にある光学ファインダーはケラれてしまい、実際に写る画角も異なるので、背面液晶でフレーミングする必要があります。

Nikon COOLPIX950+WC-E24 試写

古いデジカメで液晶モニターのバックライトが暗く、表示も不鮮明なため、屋外では構図を決めるのに苦労しました(^_^;)

Nikon COOLPIX950+ワイドコンバータ WC-E24

ワイコン撮影の総評

COOLPIX950は電源ONでズームがテレ端になるので、電源を切って場所を移動する度に、ズームをワイド端にしなければならないのが面倒でした。

撮影した画像を確認すると、内蔵ズームのワイド端より広範囲が写っているので、ワイコンでCOOLPIX950の撮影の幅が広がった点は収穫でした(´・ω・`)

Nikon COOLPIX950 試写

5/29(日)にハードオフで購入した『Nikon COOLPIX950』を翌日の朝に持ち出して、出勤途中の公園で試し撮りしました。

cosinon.hateblo.jp

公園で試写

1999年に発売された、20世紀のオールドデジカメですが、晴天下の写真はそれほど見劣りしません。

ノートリミング・補正無し、リサイズのみで掲載しています。

Nikon COOLPIX950

感度はISO80で暗所は絶望的ですが、街歩きのスナップくらいなら、今でも実用になるかも知れません。

Nikon COOLPIX950

妨げとなるのは、現在の基準からすると恐ろしく遅いレスポンスと、晴天下ではほとんど見えない背面液晶でしょうか。

Nikon COOLPIX950

公園の写真は、全て光学ファインダーでフレーミングしました。

超マクロ撮影

ズームのミドルポジション(60mm)で2cmまで寄れるマクロを活かして試し撮りしました。

Nikon COOLPIX950

超マクロ撮影では、COOLPIX950を実用的に使用する事ができそうです。

一芸オールドデジカメ『Nikon COOLPIX950』

5/29(日)に、近隣のハードオフをハシゴして、動作する『Nikon COOLPIX950』と巡り会いました。

www.nikon-image.com

Nikon COOLPIX950

COOLPIX950の状態

液晶は茶色く焼けていて、バックライトがヘタっているのか表示は暗く、フレーミングの確認にしか使えそうにありませんでした。

Nikon COOLPIX950

記録メディアはCFで、店頭では撮影した写真を書き込めるか検証できませんでしたが、他の機能は生きていたので、購入に至りました。

Nikon COOLPIX950

購入価格は税込1,100円でした。

オールドデジカメは専用バッテリーの入手が困難なので、単三電池4本で動作するのも購入の要因となりました。

COOLPIX950との馴れ初め

だいぶ昔にCOOLPIX950に興味が沸いてヤフオクを漁ったことがあり、その時は良い出品が無かったので入手するに至りませんでした。

Nikon COOLPIX950

今回は偶然の巡り合わせで我が家に迎えることになりました。

Nikon COOLPIX950

COOLPIX950の概要

COOLPIX950は1999年に発売されたスイバル式のコンパクトデジカメです。

Nikon COOLPIX950

コンデジとしては大柄ですが、マグネシウム合金の外装は質感が高く、所有欲を満たしてくれます。

Nikon COOLPIX950

現在から四半世紀近く前に発売された、20世紀のデジカメなので、

・総画素数 211万画素 CCD 
・3倍ズーム    7~21mm (35mm判換算:38~115mm 相当)F2.6~F4
・CFは2GBまで対応
・2型の背面液晶
・バッテリーは単三電池4本使用

といった、時代を感じさせる仕様です。

www.nikon-image.com

操作系は十字キーが無く、慣れないと設定に戸惑います。

Nikon COOLPIX950

晴天下で役に立つ光学ファインダー

初期のコンデジは背面液晶が見えにくかったので、光学ファインダーを搭載していました。

Nikon COOLPIX950

COOLPIX950にも光学ファインダーが付いており、情報表示はありませんが、ズームと連動します。

視野率は約85%で、厳密なフレーミングには適しませんが、晴天下では液晶がほとんど見えないので、屋外では光学ファインダーで撮影しました。

最大の一芸『2cmまで寄れるマクロ機能』

COOLPIX950は起動時にテレ端までズームするので、風景撮影では電源を入れる度にワイド側にズームする必要があります。

www.itmedia.co.jp

しかし、ミドルポジション(60mm)でレンズ前2センチまで寄れるという、現在でも通用しぞうなマクロ機能を備えています。

www.itmedia.co.jp

実際に試してみると、被写体にくっつかんばかりの距離でピントが合焦します。

Nikon COOLPIX950

カメラを分解整備する際の記録に活用できそうです。

COOLPIX950のアクセサリーを購入

アクセサリーは、ワイドコンバータ WC-E24をメルカリで1,100円にて購入しました。

奇しくも、COOLPIX950の購入価格と同額です。

Nikon WC-E24 ワイドコンバータ

ワイコンが手元に届いたら、COOLPIX950に装着して風景撮影に持ち出すつもりです。

一勝一敗『TOPCON UNIREX』

5/29(日)に自宅最寄りのハードオフに立ち寄ると、ジャンク棚のフィルムカメラが増えていました。

ブローニーの蛇腹カメラなど、色々と興味深い個体が並んでいましたが、いずれもジャンクの名に恥じない壊れっぷりでした(;´д`)

その中で、 唯一撮影が可能と思われたのが『TOPCON UNIREX』でした。

TOPCON UNIREX+UV TOPCOR 50mm F2

TOPCON UNIREX

レンズシャッターのUNIマウントは、過去に入手したUVマウントの50mmが2本とも絞り故障で、UNIREXに付いていた50mm F2も同様に絞りが動作しませんでした。

TOPCON UNIREX+UV TOPCOR 50mm F2

電池蓋は無く、水銀電池互換のバッテリーを持ち合わせていなかったため、AEが生きているかは検証出来ませんでしたが、マニュアルのシャッター速度は変化していました。

TOPCON UNIREX+UV TOPCOR 50mm F2

レンズの故障なら、絞りが動作する手持ちの28mmを装着すれば撮影できるだろう…と踏んで、買い求めることにしました。

購入価格は税込2,200円でした。

電池を入れて動作確認すると…

帰宅して動作確認すると、TOPCON UNIIC-1では動作する28mmの絞りが、UNIREXでは開放のままで変化しませんでした。

cosinon.hateblo.jp

cosinon.hateblo.jp

逆に、UNIREXに付属した50mm F2をTOPCON UNIとIC-1に装着すると、シャッターを切れば設定した絞り値に絞り込まれました。

TOPCON UNIREX+UV TOPCOR 50mm F2

ボディとレンズが共に生きていれば良かったのですが、予想とは反対に、レンズの絞りが生きていて、ボディの絞り機構が故障していたので、一勝一敗と言ったところでしょうか。

TOPCON UNIREX+UV TOPCOR 50mm F2

50mmは過去の2本が絞り故障のため開放でしか撮影できませんでした。

今回は動作する50mmが手に入った事で良しとしましょう。(カビ玉ですが)

TOPCON UNIREX+UV TOPCOR 50mm F2

トプコンのカメラには思い入れがあるので、UNIREXは不具合があっても、コレクションとして手元に残しておくつもりです。

5/28(土) OLYMPUS Centurionで新宿撮り歩き

池袋で白黒フィルムを撮影した後に入手した『OLYMPUS Centurion』(以下、センチュリオン)に、虎の子のAPSフィルムを装填して、5/28(土) に新宿を撮り歩きました。

cosinon.hateblo.jp

OLYMPUS Centurion

掲載した写真は『OPPO Reno5 A』で撮影しています。

cosinon.hateblo.jp

トップガン マーヴェリック

当日の朝、新宿ピカデリーにて朝8時30分より上映の『トップガン マーヴェリック』を鑑賞してきました。

topgunmovie.jp

クライマックスと思われるヤマ場の辺りで

(まぁ、続編としては無難な出来だったな…)

と評価をまとめかけたのですが、その後に怒濤のサプライズ展開がありテンションが爆上げとなりましたヽ(*゚∀゚)ノ

約40年振ぶりの新作、メチャクチャオススメです!(・ω・)b

クロス新宿ビジョン

巨大猫のクロス新宿ビジョンで『トップガン マーヴェリック』のPR 3D映像をセンチュリオンで撮影しました。

スマホで撮影しそびれたのでTwitterより転載。

センチュリオンと新宿西口

再開発で取り壊される小田急百貨店 新宿店と記念撮影。

OLYMPUS Centurion

閉店はせず、新宿ハルクで営業を続けるそうです。

OM SYSTEM PLAZA

OM SYSTEM PLAZA』に衣替えした新宿ショールームで記念撮影。

fotopus.com

OLYMPUS Centurion

センチュリオンをぶら下げてショールームに入ったら、年配のスタッフにメチャクチャ受けました。

OM SYSTEM PLAZA

OLYMPUS』のロゴをカメラに使えるのは、現行ラインナップで最後だそうです。

最安値更新のKodak GOLD 200

レモン社 新宿店で、先週の池袋店で購入したセール価格より安いKodak GOLD 200を発見!

www.cameranonaniwa.co.jp

ぐぬぬ

今後、フィルムは高くなっても安くはならなそうなので、次に行った時に確保しておこうか…

レモン社 新宿店

その後、都営新宿線で岩本町まで行き、秋葉原を散策しながらセンチュリオンで何カットかシャッターを切りました。

APS小型一眼レフ『OLYMPUS Centurion』

哲学堂公園から帰る途中に立ち寄ったレモン社 池袋店のジャンク棚で、APSフィルムの小型一眼レフ『OLYMPUS Centurion』(以下、センチュリオン)を見かけました。

cosinon.hateblo.jp

www.cameranonaniwa.co.jp

www.olympus.co.jp

オリンパスのLシリーズより二回りくらい小型のサイズに興味を惹かれましたが、同店のジャンクは動作確認不可で、以前に故障品を掴まされたのでスルーしました。

帰宅してからヤフオクセンチュリオンの出品を探しました。

OLYMPUS Centurion

その日のうちに、動作未確認のセンチュリオンを490円で落札して、手元に届いてから電池を入れて動作確認すると、全ての機能が生きていました∩(・ω・)∩

OLYMPUS Centurion

センチュリオンの発売は平成8年(1996年)で、ボディと一体型の4倍ズームは25~100mm(35mm判換算で31~125mm)です。

www.olympus.co.jp

寸法は幅118×高さ83×奥行111mm、重量は460gと小型軽量です。

OLYMPUS Centurion

『超小型の一眼レフ』といえばPENTAX auto110が随一ですが、センチュリオンの大きさも一眼レフでは際立っています。

weekly.ascii.jp

©KADOKAWA ASCII Research Laboratories, Inc. 2022

auto110はポケットカメラの小型フィルム(110フィルム)を使用するので、画質ではAPSセンチュリオンが優位です。

APSフィルムの採用で実現した、センチュリオンのコンパクトなボディに新たな可能性を感じましたが、既に未来を閉ざされて終焉を迎えた規格なので、一抹の寂しさを覚えました(´・ω・`)

OLYMPUS L-2とのサイズ比較

単体の写真ではコンパクトさが伝わらないので、手持ちのOLYMPUS L-2と並べてみました。

OLYMPUS CenturionとL-2

L-2の中にセンチュリオンが入りそうです(入れてどうする)

入れ子と言えばマトリョーシカや…

マトリョーシカ


闘士ゴーディアン』のらっきょうのような合体が思い出されます。

闘士ゴーディアン

センチュリオンと言えば、ミリオタ的にはイギリス戦車の方が馴染み深いのではないでしょうか。

ja.wikipedia.org

センチュリオン中戦車

APSフィルムのカメラについて

当ブログではAPSカメラを何台も紹介してきましたが、スマホの普及でカメラそのものが衰退し、APSフィルムについてご存じない読者もおられるかも知れないので、ここでおさらいします。

cosinon.hateblo.jp

APS=アドバンストフォトシステム

APSアドバンストフォトシステム(先進写真機構)は、35mmフィルム(135フィルム)を進化させた規格として1996年に販売が開始されました。

ja.wikipedia.org

撮影データの磁気記録

規格名はIX240で、IXはInformation Exchangeの頭文字です。

撮影時の設定、日付・時間などを磁気記録する機能を表しています。

フィルムのワンタッチ装填と自動ローディング

APSフィルムはフィルム室にカートリッジを入れて、フタを締めれば自動ローディングされます。

フィルムのローディングに失敗して何も写っていなかった…という悲劇を防いでくれます。

フィルム装填時はフタがロックされ、不意にフタが空いてフィルムが露光してしまう事故を防止してくれます。

フィルムを撮り切るか、強制的に途中巻き戻ししないとフィルムは取り出せません。

電池切れとなったAPSカメラが中古で放出された時に、撮影途中のフィルムが入ったままになっている事が多いのは、この機構が原因です。

プリントタイプ(C/H/P)の切替

APSフィルムはC/H/Pの3種類のプリントタイプを任意に切り替えて撮影出来ます。

APS-C

Cはクラシックで、左右がトリミングされて35mmフィルムに準拠する3:2の画角でプリントされます。

デジカメのセンサーサイズ・APS-Cはこの寸法が元になっています。

APS-H

Hはハイビジョンで、フィルム面をフルに使う16:9の画角でプリントされます。

フルサイズのセンサーが普及する前は、APS-Hサイズが大面積のセンサーとして、キヤノン EOS-1Dシリーズ等に採用されていました。

APS-P

Pはパノラマで、フィルムの上下をトリミングしたもったいない使い方なのは、135mmフィルムと同様です。

ただし、C/H/P全てのサイズでフィルムはAPS-Hで露光しており、プリントサイズだけを磁気的に記録している点が135フィルムと異なります。

MRC(フィルム途中交換)

MRC=ミッド・ロール・チェンジ(フィルム途中交換)機能を搭載した機種では、APSフィルムの途中交換が可能です。

センチュリオンには搭載されておらず、後継機のCenturion Sで採用されました。

www.olympus.co.jp

センチュリオンの外観

レンズ一体型のセンチュリオンはボタンも少なく、つるんとした外観です。

OLYMPUS Centurion

グリップのゴムコーティングは加水分解でベトベトしていたので、コンパウンドでこそぎ落としました。

OLYMPUS Centurion

クオーツデートは2019年以降も設定可能でした。(さすが先進写真機構)

OLYMPUS Centurion

レンズの鏡胴が長いので、内蔵フラッシュは高く跳ね上がります。

OLYMPUS Centurion

ロック付きの電池フタは内部にCR123Aリチウム電池が2本入ります。

大きい方のフタはフィルム室です。

OLYMPUS Centurion

センチュリオンの撮影機会

APSフィルムのストックは4本ありますが、全て期限切れです。

過去の経験から、期限切れのAPSフィルムは露出補正をプラスにしないと写真が真っ暗になる事が解りました。

cosinon.hateblo.jp

APSコンパクトのKonica Revio Ⅱでは+1.5で意外なほど鮮明な写真が撮れました。

cosinon.hateblo.jp

センチュリオンにも逆光補正の+1.5ボタンがあるので、APSフィルムを装填して持ち出す機会が訪れるかも知れません。

その時が来たら、フィルムを現像してセンチュリオンで撮影した写真をお届けします。

モノクロームの風景『Konica Acom-1』

Konica Acom-1に白黒フィルムのNEW SEAGULL 400を装填して撮影した写真をお届けします。

cosinon.hateblo.jp

cosinon.hateblo.jp

Konica Acom-1

白黒フィルムの現像に要した費用

白黒フィルムの現像はプロラボサービスnetさんにお願いしました。

www.tac-photo.co.jp

フィルムは自己持込で、モノクロ現像は660円、現像したフィルムの送料は297円の、合計957円でした。

掲載した写真はケンコー・トキナーのフィルムスキャナー「KFS-500mini」で自家スキャンしています。

cosinon.hateblo.jp

池袋クラシックカメラ

cosinon.hateblo.jp

池袋クラシックカメラ

昭和レトロな世界展

cosinon.hateblo.jp

昭和レトロな世界展

トキワ荘公園

cosinon.hateblo.jp

トキワ荘公園

トキワ荘マンガミュージアム

トキワ荘マンガミュージアム

トキワ荘通り

トキワ荘通り

ホビーセンターカトー東京

cosinon.hateblo.jp

ホビーセンターカトー東京

哲学堂公園

cosinon.hateblo.jp

哲学堂公園

総評

NEW SEAGULL 400は粒子が粗く、粒状感の強い仕上がりでした。

晴天の風景は白飛びする傾向が強く、日陰の方が黒が引き締まりました。

次の機会には明暗のコントラストを意識した画作りを心がけます。

Konica Acom-1で再撮影『中野区立 哲学堂公園』

5/22(日) に『池袋クラシックカメラ博』『昭和レトロな世界展』『トキワ荘公園』『ホビーセンターカトー東京』と4つのスポットをハシゴしました。

cosinon.hateblo.jp

cosinon.hateblo.jp

cosinon.hateblo.jp

cosinon.hateblo.jp

当日の最後に訪れた撮影スポットが中野区立 哲学堂公園でした。

www.tetsugakudo.jp

2020年にKONICA AUTOREX哲学堂公園を撮影した時は、シャッター故障でほとんど写っていませんでした(;´д`)

cosinon.hateblo.jp

cosinon.hateblo.jp

今回はKonica Acom-1に28mmのHEXANONレンズを装着して、哲学堂公園の建物を改めて撮影しました。

cosinon.hateblo.jp

Konica Acom-1

掲載した写真は『OPPO Reno5 A』で撮影しています。

cosinon.hateblo.jp

中野区立 哲学堂公園

中野区立 哲学堂公園

プロラボサービスnet

36枚撮りの白黒フィルムを1日で撮り切った後、哲学堂公園から自転車で約4kmほど南下して、フィルム現像を依頼するプロラボサービスnetに到着しました。

www.tac-photo.co.jp

埼玉の自宅から中野まで、フィルムを直送するにはかなり距離がありますが、池袋を経由して、あちこち立ち寄った後なら、何とか辿り着けました。

プロラボサービスnet(株式会社タック)

フィルムと発注書を同封した封筒を受付専用ポストに投函して、自宅への帰路に就きました。

プロラボサービスnet(株式会社タック)

途中、池袋でレモン社 池袋店に立ち寄って、Kodak GOLD 200を3本補充しました。

www.cameranonaniwa.co.jp

ネットでは単品で1本1,500円ほどの値段を付けているので、870円はお買い得価格だったと思います。

item.rakuten.co.jp

レモン社 池袋店

久しぶりに長距離を自転車で走り通したので、翌日は大腿の筋肉痛に悩まされました(^_^;)