カメラ・ディレッタント

カメラ・ディレッタント

野鳥撮影とカメラ偏愛記

『MANGA都市TOKYO』と北村写真機店

9/12(土)に、国立新美術館で開催されている企画展『MANGA都市TOKYO』を鑑賞してきました。

manga-toshi-tokyo.jp

f:id:cosinon:20200913203333j:plain

国立新美術館『MANGA都市TOKYO』

当日は雨が降ったり止んだりの思わしくない天候でしたが、ザーザー降りにはならなかったので予定通りの行動が取れました。

国立新美術館『MANGA都市TOKYO』

入館すると、吉成曜さんデザインのキャラクター、ヨリコヴィッピーのスタンディーがお出迎え。

f:id:cosinon:20200913203429j:plain

ヨリコとヴィッピー

以下に、α7Ⅱ+FE 28-70mm F3.5-5.6 OSSで撮影した、撮影可能エリアの写真をお届けします。

ホールのメイン展示は1/1000の巨大東京都市模型でした。

f:id:cosinon:20200913203439j:plain

国立新美術館『MANGA都市TOKYO』

展覧会で紹介された漫画・アニメ・映画・ゲームの舞台を俯瞰出来ました。

f:id:cosinon:20200913203449j:plain

国立新美術館『MANGA都市TOKYO』

『MANGA都市TOKYO』はパリで開催された展覧会が国内に凱旋した企画展で、外国人の目には新鮮に映るかも知れませんが、日本のコアなヲタクにすれば「だから何?」という『いまさら感』が漂う内容でした。

f:id:cosinon:20200913203457j:plain

初音ミクのコンビニ

『東京』を舞台にした創作物を幅広く網羅していましたが、作品一点当たりのボリュームが少なく、全体的な構成は散漫な印象を受けました。

f:id:cosinon:20200913203507j:plain

f:id:cosinon:20200913203517j:plain

ラブライブ!』関連展示

個人的には、吉成曜さんが手がけたビジュアルが全て収録された図録が1,000 円(+税)と安かったので、その点だけが満足です。

新宿 北村写真機店

六本木から新宿へ移動して、コロナ禍で行く機会を奪われた『新宿 北村写真機店』にようやく足を運ぶことが出来ました。

www.kitamuracamera.jp

f:id:cosinon:20200913203528j:plain

新宿 北村写真機店

建物の構造は、2つのフロアを階段・エレベーターのある通路で繋いでおり、6Fから1Fまでの各フロアを巡回しました。

f:id:cosinon:20200914094318j:plain

新宿 北村写真機店

中古フロアにはボディ色がマルーンPENTAX 67Ⅱ Limitedモデルがありました。

ペンタックス金ピカとか漆塗りとか、エグい限定モデルが好きですよね(^_^;)

f:id:cosinon:20200913203549j:plain

PENTAX 67Ⅱ Limitedモデル

イカの展示数は圧巻で、中古の玉数も膨大でしたが、価格はお高めな印象でした(´・ω・`)

f:id:cosinon:20200913203605j:plain

f:id:cosinon:20200913203619j:plain

新宿 北村写真機店

ともあれ、古株の中古カメラ店が相次いで閉店した新宿で、意欲的な店舗が新規に開店したのは喜ばしいことです。

諏訪写真機

『新宿 北村写真機店』と同様に、コロナ禍で行く事の出来なかった諏訪写真機にもようやく足を運ぶことが出来ました。

立地が新宿御苑の外れなので、新宿駅から歩くと相当な距離がありました(;´д`)

帰りは、都バスに乗って新宿駅西口まで移動しました。ズサーc⌒っ゚Д゚)っ

f:id:cosinon:20200914094308j:plain

諏訪写真機

ジャンクコーナーの『SIGMA SA-7』が動作チェックで完動したので、お持ち帰りしようか悩みましたが、2千円という価格が微妙で見送りました。(ボディ500円+レンズ500円なら買ったかも…)

 週間天気予報では、次の週末も雨マークでした(;´д`)

せっかくの連休なので、天候が回復する事を祈るばかりです(´-ω-)人