カメラ・ディレッタント

カメラ・ディレッタント

野鳥撮影と中古カメラの偏愛記

野鳥の宝庫『浮間公園』

12/29(火)の早朝に自転車で『荒川生物生態園』を訪問した後、午前中は『浮間公園』に移動して野鳥を撮影しました。

cosinon.hateblo.jp

www.tokyo-park.or.jp

f:id:cosinon:20201230203141j:plain

浮間公園

浮間ヶ池の野鳥

浮間公園は浮間ヶ池の一帯が野鳥撮影スポットです。

f:id:cosinon:20201230203147j:plain

浮間公園の案内図
バードサンクチュアリ

浮間ヶ池の北端はバードサンクチュアリの森が広がっています。

f:id:cosinon:20201230203151p:plain

バードサンクチュアリ
アオサギ

水辺の葦原を背景にアオサギが佇んでいました。

f:id:cosinon:20201230203024j:plain

アオサギ

「一家に一台」ならぬ「一池に一羽」のようなカンジでアオサギに遭遇しています。

カワウ

浮間ヶ池の南端、見晴台前の白いブイにカワウが乗っていたので、E-M10を三脚に据えて超望遠撮影に臨みました。

f:id:cosinon:20201230203029j:plain

E-M10の超望遠撮影

軽量な三脚がしなるのと、レンズが風に揺れるせいか、リモートレリーズで振動対策してもピントの甘い仕上がりでした(´・ω・`)

f:id:cosinon:20201230203035j:plain

カワウ
バンの幼鳥

バンの幼鳥を初めて見ました。

クチバシがまだ赤くなっていませんが、趾がオオバンとは異なります。

f:id:cosinon:20201230203039j:plain

バンの幼鳥(?)
オオバン

水が綺麗で、珍しく水面下の足をハッキリと見る事が出来ました。

f:id:cosinon:20201230203043j:plain

f:id:cosinon:20201230203049j:plain

オオバン
ホシハジロ

浮間ヶ池のカモはホシハジロが大多数で、ほとんどが顔を羽に突っ込んで眠っていました。

f:id:cosinon:20201230203055j:plain

ホシハジロの群れ

ホシハジロの雄が茶色い頭に赤い目で流し目を送ってきました。

f:id:cosinon:20201230203101j:plain

ホシハジロ(雄)

小麦色に日焼けした顔で白いファーを纏った半グレを連想させるカモです。(金のアクセサリーをジャラジャラさせてそう)

キンクロハジロ(雄)

金色の眼が狡猾で意地悪そうな印象を与えます。

f:id:cosinon:20201230203105j:plain

キンクロハジロ(雄)

後頭部に垂れた冠羽がチャラい印象で「ウェーイ」とか言いそうなカンジです。

f:id:cosinon:20201230203109j:plain

キンクロハジロ(雄)
キンクロハジロ(雌)

キンクロハジロの雌は勝ち気そうで「肝っ玉母さん」を思わせます。

f:id:cosinon:20201230203114j:plain

キンクロハジロ(雌)

水生植物園と浮間ヶ原桜草圃場

ツグミ

水生植物園の木立にツグミが留まっていました。

f:id:cosinon:20201230203119j:plain

ツグミ
ヒヨドリ

浮間ヶ原桜草圃場の草むらにヒヨドリが降り立ちました。

f:id:cosinon:20201230203123j:plain

ヒヨドリ

しきりに葉っぱを咥えて、クチバシをパクパクさせていました。

f:id:cosinon:20201230203129j:plain

ヒヨドリ
セグロセキレイ

見晴台前の水辺に、初めて見るセグロセキレイが飛んで来ました。

f:id:cosinon:20201230203133j:plain

セグロセキレイ

見慣れたハクセキレイと違って、黒の外套を纏ったような羽がシックな印象です。

f:id:cosinon:20201230203137j:plain

セグロセキレイ

浮間公園で見られる鳥は種類が多く、自宅から自転車で行ける距離なので、折を見て再訪したいものです。