カメラ・ディレッタント

カメラ・ディレッタント

野鳥撮影とカメラ偏愛記

X-T30で舎人公園の野鳥を撮影

1/9(土)に浮間公園尾久の原公園をハシゴした後、帰宅前に舎人公園を訪問しました。

cosinon.hateblo.jp

cosinon.hateblo.jp

www.tokyo-park.or.jp

直前にE-M10が臨終を迎えたので、当日の機材は久しぶりに引っ張り出したX-T30と望遠ズームのXC50-230mm F4.5-6.7 OIS IIでした。

cosinon.hateblo.jp

cosinon.hateblo.jp

舎人公園 自然観察園

f:id:cosinon:20210112103608p:plain

舎人公園 案内図
アメリカヒドリ

バードサンクチュアリの観察窓を覗くと、舎人公園では初めて見るアメリカヒドリを見付けました。

f:id:cosinon:20210111165620j:plain

アメリカヒドリ
ヒドリガモ

アメリカヒドリの顔に入る黄色いラインが、ヒドリガモの近縁を思わせます。

f:id:cosinon:20210111165625j:plain

ヒドリガモ
マガモ

アメリカヒドリの後頭部には、マガモに類似した緑色が見られますが、頭の形や体長がかなり違いますね。

f:id:cosinon:20210111165630j:plain

マガモ

舎人公園 大池

バン

大池の畔で上陸したバンが餌をついばんでいました。

f:id:cosinon:20210111165636j:plain

f:id:cosinon:20210111165641j:plain

バン

数m先まで近付いてきたので、望遠ズームのワイド端でフレームいっぱいに撮影出来ました。

f:id:cosinon:20210111165646j:plain

f:id:cosinon:20210111165650j:plain

バン
アオサギ

いつもの浮島でなく、杭の上で佇むアオサギを撮影しました。(普段は奥の葦原が定位置)

f:id:cosinon:20210111165655j:plain

f:id:cosinon:20210111165659j:plain

アオサギ
カワウ

舎人公園で初めてカワウを見かけました。

f:id:cosinon:20210111165704j:plain

カワウ

黒い頭だけ水面から出ていると潜水艦の艦橋を連想します。

f:id:cosinon:20210111165709j:plain

カワウ
カイツブリ

潜水前のカイツブリは羽毛が綺麗になでつけられていますが…

f:id:cosinon:20210111165714j:plain

カイツブリ

潜水を繰り返すと、羽毛がバサバサに広がっていました。

f:id:cosinon:20210111165616j:plain

カイツブリ

X-T30の野鳥撮影

E-M10で常用していた換算600mmと較べると、XC50-230mmは35mm判換算のテレ端が345mm相当と、物足りさを感じる焦点距離でした。

X-T30は手持ちのデジ一眼では最新の機種のため(2019年9月発売)高性能な像面位相差AFと高解像度で、トリミングでも充分鑑賞に耐える写真が撮れました。

野鳥撮影では焦点距離の長さばかり気にしていましたが、X-T30で思った以上に高精細に野鳥を撮影できました。