カメラ・ディレッタント

カメラ・ディレッタント

野鳥撮影と中古カメラの偏愛記

ハーフサイズの風景『オートハーフ E』

ハーフサイズはどこまで高精細に描写出来るのか、リコー オートハーフ Eで試した作例をお届けします。

f:id:cosinon:20190624153035j:plain

世田谷 豪徳寺

f:id:cosinon:20190624153056j:plain

リコー オートハーフ E

以下に掲載した写真はリコー オートハーフ EにFUJIFILM PREMIUM 400を装填して撮影しました。

f:id:cosinon:20190624153112j:plain

三軒茶屋 キャロットタワー 展望台より

f:id:cosinon:20190624153129j:plain

東京スカイツリー 展望台より

f:id:cosinon:20190624153148j:plain

リコーイメージングスクエア銀座

f:id:cosinon:20190624153205j:plain

銀座 和光

f:id:cosinon:20190624153224j:plain

有楽町マリオン

f:id:cosinon:20190624153242j:plain

東京国際フォーラム

f:id:cosinon:20190624153259j:plain

東京国際フォーラム

f:id:cosinon:20190624153402j:plain

東京駅

思った以上に細部まで写っていて、スキャン画像もWebで使用するサイズなら充分な解像感がありました。

紙焼きもL判ならフルサイズと遜色がありませんでした。

夜景の撮影

絞りを手動でF2.8にすると、ストロボを使用する前提でオートハーフのSSは1/30になります。

ノーフラッシュでもカメラを柱に押し付けてシャッターを切れば、手ブレが目立たない夜景が撮れました。

f:id:cosinon:20190624153419j:plain

ヨドバシAkiba