カメラ・ディレッタント

カメラ・ディレッタント

野鳥撮影とカメラ偏愛記

インテリジェントシューター Canon T70

3連休初日の1/11(土)に、キヤノン1984年に発売したMF一眼レフ、Canon T70の中古を手に入れました。

購入したのはカメラのキタムラ 丸井錦糸町店で、ボディが880円、TAMRONの28-80mm ズームレンズが990円の合計1,870円(税込)でした。

blog.kitamura.jp

f:id:cosinon:20200114211833j:plain

Canon T70 + TAMRON SP 28-80mm F3.5-4.2

次に立ち寄ったキタムラ 秋葉原店では、ジャンクワゴンでT70のキットレンズだった35-70mmを発見したので、当然のようにお持ち帰りしました (・ω・)b

blog.kitamura.jp

f:id:cosinon:20200114211924j:plain

Canon T70 + CANON FD 35-70mm F3.5-4.5

f:id:cosinon:20200114211943j:plain

Canon T70 + CANON FD 35-70mm F3.5-4.5

T70と36年振りの邂逅

T70が発売された1984年当時、中学生だった自分は「童夢」「AKIRA」で時代の寵児となった大友克洋の漫画にハマっていました。

T70の広告ビジュアルに大友克洋が起用されると、熱狂的に注目しました*.*・(n‘∀‘)η*・*

まだ一眼レフを買える年齢では無かったので、新聞や雑誌の広告をスクラップしたり、ビデオ録画したCMをカット編集していました。

f:id:cosinon:20200114205855j:plain

Canon T70

www.youtube.com

f:id:cosinon:20200114210433j:plain

Canon T70 キービジュアル

www.youtube.com

CM音楽のレコードを買ったり(CDはまだ普及していなかった)今なら貴重なコレクションになっていたハズですが、既に散逸してしまい、手元には一つも残っていません(T_T)

f:id:cosinon:20200114205813j:plain

TAKUMI/FRAGMENTS OF TIME

www.youtube.com

www.youtube.com

T70の機能

一般的なバヨネット式やねじ込み式のM42マウントは以前から所有していましたが、スピゴット式のFDマウントは初めてだったので、入手当初はレンズの付け外しが解らず、モードダイヤルも無いので操作に戸惑いました(;゚Д゚)

f:id:cosinon:20200114212048j:plain

Canon T70 + TAMRON SP 28-80mm F3.5-4.2

f:id:cosinon:20200114212122j:plain

Canon T70 + TAMRON SP 28-80mm F3.5-4.2

初期のFDレンズは基部に締め付け用のリングがありますが、後期のNew FDレンズはリングが無くなり、バヨネット式のようにレンズ全体を回転させます。(取り外しボタンはレンズ側に付いています)

f:id:cosinon:20200114212202j:plain

FD(リング付き)とNew FD(リング無し)

スピゴット式はレンズ本体が回転しないので、レバーで機能を連動させるのに有利、とキヤノンは判断したようですが、他に追随するメーカーは無かったようです。(New FDはレンズの外側だけが回転して、基部のレバー位置は固定です)

T70はパッと見、AF一眼レフのような外観で、露出制御は3種のプログラムAEが使えますが、ピント合わせはマニュアルです。

先代のT50は「レンズ交換できるオートボーイ」という位置付けの、オート露出でしか使えないMF一眼レフでした。

f:id:cosinon:20200114212417j:plain

Canon T50

後継機のT80はAFを搭載しますが、中途半端な出来でミノルタα-7000に完敗してしまい、キヤノンは後にEOSを開発して巻き返します。

f:id:cosinon:20200114212444j:plain

Canon T80

この時代はフィルム一眼レフが猛烈な勢いで進化しており、趣味的にも大変興味深いのですが、語り出すと長くなるので今回は割愛します(´・ω・`)

T70の特徴と使用感

発売当時にT70が掲げた特徴は、

  • ワインダー内蔵・自動巻き戻し
  • 液晶パネルとボタン入力
  • シャッター速度優先AEとプログラムAE(3種)
  • 平均測光と部分測光
  • 1984年度のグッドデザイン賞受賞
  • ヨーロピアン・カメラ・オブ・ザ・イヤー受賞

といった点が挙げられます。

AFが普及する直前の、過渡期に発売されたMF一眼レフなので、後に完成されたAF一眼レフと較べると、機能的に物足りない部分が多々あります。

  1. ピント合わせはMFのみ(フォーカスエイド無し)
  2. DXコード非対応(ISOは手動設定)
  3. 日付写し込み機能が無い(オプションのコマンドバックを付ければ可能)
  4. パノラマ切替無し(当時は35mmをマスクするパノラマは無かった)
  5. ドライブモード切替非搭載(シャッターボタン長押しで連射)

撮影に持ち出して一番不便に感じたのは、シャッターを切ってボタンを押したままにすると、意図せず連写になってしまう事でしょうか。

ブラケット撮影でも無いのに、2回ほど連写してしまいました(^_^;)

単写と連写を切り替えるセレクターが無いので、シャッターを切ったら指先をボタンからはずす必要があります。

キヤノンのAF一眼レフではNew EOS Kissを所有していますが、フィルムカメラの完成形と言って良いほど多機能です。

f:id:cosinon:20200114212647j:plain

Canon New EOS Kiss

New EOS Kissをプログラムオートで使うと、シャッターボタンを押す以外やる事が無いので、ピント合わせを自分で行う分、T70の方が撮影を楽しめる気がしました。

T70には業務用ISO100の36枚撮りを装填したので、しばらくはX-T30と一緒に持ち出してフィルム撮影を楽しむつもりです。

f:id:cosinon:20200114212532j:plain

Canon T70 背面

f:id:cosinon:20200114213854j:plain

FUJIFILM X-T30とCanon T70