カメラ・ディレッタント

カメラ・ディレッタント

野鳥撮影とカメラ偏愛記

特別展「板橋と光学vol.3 いたばし産のカメラたち」

板橋区の志村を通り抜けた際に、偶然トプコンの現社屋を発見して発症したトプコン熱ですが…

cosinon.hateblo.jp

更にトプコン熱が過熱しそうな催しが行われることになりました。

f:id:cosinon:20201211095555j:plain

「TOPCON~!!」改めて盛り上がる米海軍の皆さん(嘘)

明日、12/12(土)より、板橋区立郷土資料館で令和2年度の特別展「板橋と光学vol.3 いたばし産のカメラたち」が開催されます。

www.city.itabashi.tokyo.jp

10年振りの光学展

「板橋と光学vol.3」では、板橋区に拠点を置くトプコンは元より、ペンタックスなどの各メーカーが板橋で製造した、珠玉の銘機が展示されるものと思われます。

f:id:cosinon:20201211093438j:plain

特別展「板橋と光学vol.3 いたばし産のカメラたち」

特別展「板橋と光学」はシリーズ3回目で、10年振りの光学展となります。

戦前の志村地域には、東京光学(現トプコン)をはじめとする光学兵器の製造工場が集まりました。

そこでは、測量用のレンズや銃に付ける照準眼鏡が製造されました。

戦後、それらの技術は双眼鏡やカメラのレンズ製造に転用されました。

昭和40年頃には、日本の主要な精密機器出荷額の多くを板橋区が占め、戦後復興や高度経済成長を支えました。

国外での光学機器生産が増えると、付加価値の高い光学機器の製造に切り替わりました。

これらは、現在も「光学の板橋」として地域を支える重要な産業分野です。

今回の展示では、“いたばし”におけるカメラの歴史を学び、光に関する技術やその面白さを紹介します。

引用元:特別展「板橋と光学vol.3 いたばし産のカメラたち」より

入館料は無料で、撮影も可能です∩(・ω・)∩

資料価値の高い図録も頒布

図録は1,090円(税込)とお求めになりやすい金額で頒布されるようです。

 

トプコンの資料は稀少なので、入手は必須の資料となりそうです。

cosinon.hateblo.jp

過去の図録も大変資料価値の高い内容でした。

板橋と光学【完売】

www.city.itabashi.tokyo.jp

f:id:cosinon:20201211094636j:plain

板橋と光学【完売】

板橋と光学Vol.2

www.city.itabashi.tokyo.jp

f:id:cosinon:20201211094717j:plain

板橋と光学Vol.2

自分は初日となる明日、板橋区立郷土資料館に足を運ぶ予定です。

会場の模様は後日レポートいたします。