カメラ・ディレッタント

カメラ・ディレッタント

野鳥撮影と中古カメラの偏愛記

ローライ35Sの本革速写ケース

アウラ舎でローライ35Sを衝動買いした後、芋づる式にアクセサリーが欲しくなり、勢い余って大量注文してしまいました(;^ω^)ゞ 

cosinon.hateblo.jp

今回は、我が家にお迎えしたお姫様への貢ぎ物を紹介します*.*・(n‘∀‘)η*・*

本革の速写ケース

ローライ35Sにはローライ純正のソフトケースとUVフィルター、専用のハンドストラップが付属していました。

f:id:cosinon:20200317112158j:plain

ローライ35S

ローライ35Sは超小型なので、ハンドストラップでポーチから頻繁に出し入れすると手から滑り落ちないか心配です(;´д`)

自分の懐具合では奮発したカメラなので、ネックストラップで首からぶら下げられる本革の速写ケースを注文しました。

f:id:cosinon:20171203073441j:plain

ローライ35用本革速写ケース

購入金額は12,637円で、ローライ35Sを購入した金額の1/3強と値が張りましたが、ケースは奢ったものを装着する事にしました。

f:id:cosinon:20200317160647j:plain

ローライ35用本革速写ケース

当初はローライ35Sのボディ色に合わせてブラックが欲しかったのですが、在庫切れだったので革らしい色合いのダークブラウンを注文しました。

f:id:cosinon:20200317160701j:plain

ローライ35用本革速写ケース

他にはヒラノケースが15,400円で売られていましたが、上部ケースが付属しないので候補から外しました。

f:id:cosinon:20200317154828j:plain

ヒラノケース ローライ35

注文した速写ケースには底面に確認用窓があるのがお気に入りです (・ω・)b

f:id:cosinon:20200317160737j:plain

本革速写ケースの底面

露出計カバー

露出計を内蔵した初期のローライ35シリーズは、電池を入れると露出計が作動しっぱなしになります。(後期のLEDモデルは改善されたのでしょうか?)

CdS受光部を遮光する露出計カバーが1,380円で売っていたので、割高感を感じつつも注文してしまいました。

f:id:cosinon:20200317160815j:plain

露出計カバー

電池の消費を抑えられるので、高価なH-D代替電池の消費を抑えられそうです。

レンズキャップとメタルフード

ローライ35Sにはローライ純正のUVフィルターが装着されていて、レンズキャップは付属しませんでした。

ローライ35Sのレンズはローライがライセンス製造したゾナーで、ローライ謹製のHFTコーティングが施されていますが、フードを付けた方が余計な光をカットできます。

Aliexpressで廉価な商品を見つけて、ローライ35S用の30.5mmレンズキャップは送料無料の69円、30.5mmメタルフードは383円で、送料は90円でした。

f:id:cosinon:20200317160832j:plain

30.5mmレンズキャップ

中国からの発送なので到着まで日数はかかりますが、気長に待つ事にします。

f:id:cosinon:20190405223941j:plain

30.5mmメタルフード