カメラ・ディレッタント

カメラ・ディレッタント

野鳥撮影とカメラ偏愛記

年末年始に増えたフィルムカメラ

昨年のクリスマス・イブにX-T30をお迎えして、令和二年はXマウントのデジ一眼にカメラを一本化!

cosinon.hateblo.jp

…なんて考えたのも束の間フィルムカメラは別腹」と言わんばかりに、捨て値で買った中古カメラが増えてしまいました(^_^;)

※以下に紹介するカメラの価格は全て税込表記です。

POLAROID Instant 1000 Deluxe

秋葉原のキタムラで、ジャンクワゴンから専用ストロボ付きのポラロイドカメラを1,000円で回収。

f:id:cosinon:20200110115759j:plain

POLAROID Instant 1000 Deluxe

f:id:cosinon:20200110115835j:plain

POLAROID Instant 1000 Deluxe

昨年、GUがポラロイドとコラボしたウェアを買っていたので、コーディネートするつもりでした。

f:id:cosinon:20200110115727j:plain

ポラロイドのインスタントカメラとコラボウェア

動作確認するとストロボは発光し、撮影も可能でした。

…が、正月に家族写真を3枚撮影したらピンボケ、最後の3枚目でフィルムが詰まり、取り除こうと前蓋を開けたらフィルムが感光して、全てダメになりました(T_T) ←当たり前

f:id:cosinon:20200110204653j:plain

モザイクが不要なくらいピンぼけの家族写真

f:id:cosinon:20200110204759j:plain

峯ヶ岡八幡神社

f:id:cosinon:20200110205002j:plain

旧安田庭園

かろうじて2枚は風景を撮影できたものの、専用のSX-70インスタントフィルムは8枚で2,750円と高価なので、今までの人生で一番コスパの悪い写真となりました(;´д`)

f:id:cosinon:20200110115854j:plain

「インスタントフィルムてホントコスパ悪い」

ポラロイドカメラは今後、部屋のインテリアとして余生を過ごす事になりそうです。

RICOH AUTOHARF SE

池袋のキタムラでジャンクコーナーに並んでいたジャンク扱いのRICOH AUTOHARF SEを900円で回収。

f:id:cosinon:20200110115933j:plain

店頭のRICOH AUTOHARF SE

オートハーフはフィルムを入れないとシャッターが切れません。

スプロケットにフィルムのパーフォレーションを噛ませ、ゼンマイを巻いてフィルムを送るとシャッターチャージされる構造です。

そのため「シャッター切れず」とジャンク扱いになったようですが、裏蓋を開けてスプロケットを指で回せば、シャッターを切る事ができます。

f:id:cosinon:20200110120003j:plain

ジャンク扱いの値札

レンズフード付属でセレン光電池が生きており、針押さえ式露出計のAEが動作して、裏蓋のモルトも貼り替えられていました。

f:id:cosinon:20200110124429j:plain

RICOH AUTOHARF SE

ファインダーに曇りがあるので分解清掃は必要ですが、店によってはこの状態なら5千円以上する個体を、900円で手に入れる事が出来ました∩(・ω・)∩

f:id:cosinon:20200110124443j:plain

RICOH AUTOHARF SE

俗に「オートハーフは増殖する」と言われていますが、我が家では4台目のオートハーフになりました。

MINOLTA VECTIS S-1

銀座のレモン社でボディ200円+レンズ200円の合計400円で回収。

ジャンクカメラの動作確認用に持ち歩いている各種の電池から、CR2電池を2本入れたら正常動作しました。

f:id:cosinon:20200110124501j:plain

MINOLTA VECTIS S-1

ミノルタのマウントはAマウント、SRマウントに続いて、VECTISのVマウントで3種類目。

f:id:cosinon:20200110124515j:plain

MINOLTA VECTIS S-1

露出補正が+3.0まで上げられるので、期限切れのAPSフィルムでも問題なく撮影できそうです。

cosinon.hateblo.jp

フィルム途中交換(MRC)に対応しているので、PRONEA SとAPSフィルムをシェアして撮影しました。

cosinon.hateblo.jp

RICOH 500 GX

竹ノ塚のカメラのタカギにて、ジャンク箱の底に埋もれていたRICOH 500 GXを500円で回収(500GXだけに?)

www.kameranotakagi.com

100均で買ったLR44電池を入れて動作確認したら、バッテリーチェックで正常値を示して露出計が動作しました。

f:id:cosinon:20200110124541j:plain

RICOH 500 GX

f:id:cosinon:20200110124554j:plain

背面に名前を書いた痕が残っていました(^_^;)

速射ケースとストラップ、スカイライトフィルターが付いてワンコインと、コスパ最強のカメラでした。

f:id:cosinon:20200110124646p:plain

コスパ最強じゃん」

f:id:cosinon:20200110124703j:plain

RICOH 500 GX

f:id:cosinon:20200110124714j:plain

RICOH 500 GX

リコーの古いコンパクトカメラはシャッタースピードが1/125でオートに設定され、セレン光電池もしくはCdsの露出計で絞りを制御するAEが多用されています。

f:id:cosinon:20200110124732j:plain

RICOH 500 GX

以前入手したRICOH HI-COLORも同様の機構だったので、当時のリコーはオートハーフ以降のカメラを、金太郎飴のように同じ構造でバリエーション展開していたようです。

cosinon.hateblo.jp

新たに入手したフィルムカメラは、せめて1本くらいはフィルムを通して試し撮りするつもりです。